優雅な生活風景を描く緑豊かな文教都市

国立千葉大学をはじめ、教育施設が集まる「西千葉」駅周辺。
伸びやかな感性に満ちた学園都市であると同時に、緑に包まれた都市景観も魅力のひとつ。
優雅な雰囲気を漂わせ落ち着きを保ち続ける街並みが、暮らす人々の美意識の高さを象徴しています。

MAP
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン
ランドプラン

豊かな文化を継承する恵まれたエリアに立地。

明治から大正にかけて千葉の海岸線一帯は、湘南と並び富裕層の別荘地として賑わっていました。
リゾート感覚が浸透していない時代において、西千葉界隈は優雅な暮らしがあった場所でした。
そして時代は移り変わり、かつての沿岸線は姿を消し、高度な都市機能を備えた住宅地へと変貌。
「サンクレイドル西千葉」は、由緒ある屋敷も点在するような古くからの住宅地に位置し、古の文化を継承します。

※参考資料:「郷土の歴史 千葉県」・「絵にみる図で読む千葉市図誌 上・下巻」
葛飾北斎『冨嶽三十六景 登戸浦』
葛飾北斎『冨嶽三十六景 登戸浦』
登渡神社(徒歩15分/約1,140m)
登渡神社(徒歩15分/約1,140m)

『富嶽三十六景』に描かれた登戸浦

巨大な波と小舟の風景や赤富士で有名な『富嶽三十六景』のなかのひとつに、現在の千葉市登戸浦を題材にした作品があります。中央に描かれた大きな鳥居は、現在の千葉市にある登渡(とわたり)神社のものと言われています。当時は、房総半島から江戸に年貢米や海産物を海上輸送する拠点として、活況を呈していたようです。

古くから生活の場所として定着してきた立地環境。

国道14号線の南側が昭和40年代以降に造成された埋立地であるのに対し、国道14号北側エリアは千葉市中心部に近い古くからの住宅地として有名な場所です。 「サンクレイドル西千葉」は、永きに渡り暮らしが営まれてきたエリアに立地しています。

古くから生活の場所として定着してきた立地環境。
※建設地からの距離は地図上の概測です。※徒歩分数は80mを1分として計算、端数は切り上げてあります。道路渋滞、信号待ちの時間は含まれません。 ※掲載の地図は略図のため省略されている道路等があります。
※掲載の環境写真は平成28年4月に撮影したものです。 ※掲載の情報は平成28年4月のもので今後変更となる場合がございます。
来場予約はこちら 資料請求はこちら